長期優良住宅
長期優良住宅とは? 長期優良住宅という言葉をよく耳にします。その名の通り、“優れた住まい”ということはなんとなく想像できますが、では具体的には、どんな家のことを指すのでしょう。 それは、一般住宅に比べ、耐久性・耐震性・省エネ性に優れ、資産価値も高く、次世代へと受け継がれる家のことです。 社会の変改に伴い、かつてのような「作っては壊す」といった考えから、「良いものを作り、きちんと手入れをして、永く大切に使う」へと変化しています。つまり、住宅や住環境の「質」の向上が求められているため、それに対応した住まいのことです。
税制優遇や金利軽減措置などの
優遇措置
住宅ローン減税が、最大600万円控除になり、住宅ローンを組まない場合でも、所得税控除が受けられます。 また、登録免許税、不動産取得税、固定資産税など、住宅取得の際にかかる各種税金の優遇を受けることができます。
高い資産価値 長期優良住宅に認定された住宅は、将来の売却に際しても、住宅としての価値が高いので、条件の良い査定額を受けることができます。
JCグループが提供する注文住宅 HOMEへ
※ 工事施工会社は株式会社ジャパンコーポレーションとなります ※